【ママインターンのご案内】子育てママのおしごと適齢期って?

※この事業は春日井市がNPO法人あっとわん に企画運営を委託している事業です。
また、この事業は就職をあっせんするものではありません。

『いずれ働いてはみたいけれど、育児や家事と両立できるかな、ちゃんと働けるかな、と気になっているママ』にお知らせです。

※インターンとは「インターンシップ」の訳で、多くは関心のある分野で働くことによって、その分野に対する関心をより強めたり、最初は関心がなくても、働いてみることによって関心を持つ。そんな仕事を見つけるための準備期間かなと思っています。
子育てする前は、24時間当たり前に使っていた時間も、子育てを始めるとそんなわけにはいきませんよね。
そんな時、役に立つのがママインターンかなと思います。

●ママインターンで何ができるの?
・実際に就職する前に、「子育てしながら働く」シミュレーションになります。
・今の自分の状況、これからどうしていきたいかを考える機会になります。

●ママインターン参加者の感想(ママの年代/子供の年齢)
☆働き方が分かった!
・子どもの年齢などから、2年後に週3〜4で、自宅近くで働きたいとはっきりイメージがついた。(40代/小2)
・事務系の資格を取ったので、事務職でインターンをしてみたが、やはり体を動かすような仕事のほうが合っていると時間できた。(30代/年中) 
・製造業の経験はなかったが、自分が抱いていたイメージと大きく違うことが分かった。コツコツと作業できる自分に気づくきっかけになった。(40代/小2)
・時間的に働けるところでまずは働いてみて、そのあとの子どもの状況などに合わせて調整していけばいいと思えるようになった。(40代/年中)

☆働く前の環境づくりができた!
・実習日の前日夜に洗濯をすると、朝バタバタせず時間に間に合わせられることが分かった。(30代/小1・年少)
・子どもが早朝保育を嫌がったが、1か月で慣れ、今では早朝保育に行きたいと言っている。(30代/年中)
・インターンをきっかけに朝の園バス送りを義母に頼んでみたら、子どもも義母も大丈夫だった。(30代/小2・年少)

☆働くための感覚や自信がついた!
・お客さんやスタッフへの対応など、ついていけるのか不安だったが、実習してみて、大丈夫と分かった。(30代/小1・年中)
・実習先から「働きませんか」と声をかけてもらい、私でも役に立つんだと実感した。働くことの楽しさも思い出せた。(40代/中3)


●ママインターンの内容  
〇9月上旬〜12月中旬(事業所による)
〇受入れ先の事業所へ週1〜2回(9時〜15時の間で4時間程度)、ママインターンとして働く経験をします。  〇交通費等の実費支給あり。

●応募条件
 〇春日井市在住の方  〇働くことに意欲のある方   〇お子さんの預け先が確保できる方  
 〇就業経験のある方  〇ママインターン未経験の方  〇説明会・事前研修等に参加できる方  

<募集説明会>
〇日時
6月13日㈫ 10:00〜11:30 会場:NPO法人あっとわん事務局(中央台)→終了しました。
7月5日㈬ 10:00〜11:30 会場:ささえ愛センター(春見町)

詳しくは、あっとわんホームページをご覧ください。
こちら

ご不明な点は、説明会にてご質問いただくか、あっとわん事務局まで。
0568-92-5481(平日9:30〜15:00)

企業のみなさまへ 企業のみなさまへ

かすがいっこメルマガ配信登録

協力応援企業 王子ネピア

協力応援企業 大和エネルフ

CoCo壱番屋創業者宗次徳二

かすがいっこアメブロ

かすがいっこフェイスブック



あいち防災

ママの文化祭